マンションを貸す時に手間がかかった税金の問題

以前から興味があった不動産ビジネス

以前からマンション経営に興味を持っていて、給料を少しずつ貯めて自分のお金で不動産ビジネスをしてみました。
私が購入をしたのは駅の近くにあるいい物件で、運よく購入をする事ができたのでそれを人に貸す予定でした。
ただ不動産購入の手続きをしていくと税金の問題が気になり、どうなるのだろうかという疑問を感じ始めました。
私は大規模に不動産投資をしているわけではないので、多分そのような負担は発生しないだろうと考えていました。
しかし実際には発生をする可能性もありますから、具体的にどうなるのか専門家に相談をすることにしました。
私が相談をしたのは知り合いの会計事務所で、時々お金のことで相談をしているところでした。
その業者と不動産ビジネスについて話し合ったのですが、そこでいわれたのは利益の計算をしておくことでした。
サラリーマンの場合は収入を単純に得られますが、このような形で利益を得た場合は考え方が変わるといわれました。
業者の話ではマンション経営で得た利益と、その運営をするときの経費を出しておかないとだめだと説明されました。
私は建物の経費についてあまり良く考えていませんでしたが、そういわれたので具体的な経費について細かく調べることになりました。
購入したマンションは新品のものでしたので、色々な形で負担を軽減することが可能でした。
建物の内部も新しくきれいなものでしたから、建物を利用するために購入したものを経費として計上できました。

以前から興味があった不動産ビジネス借主との交渉は仲介業者を利用で負担減確定申告も仲介業者のアドバイスで楽にパス