マンションを貸す時に手間がかかった税金の問題

借主との交渉は仲介業者を利用で負担減

以前から興味があった不動産ビジネス借主との交渉は仲介業者を利用で負担減確定申告も仲介業者のアドバイスで楽にパス

そうして計算をしてみると大きな税負担になることはなく、実質的にゼロに近い程度の負担ですみました。
ただそうやって話し合った時にいずれは税金の負担が増えてきたり、何らかの対応が必要になる時が来るといわれました。
そういわれたのでこれからも税金については色々考える必要がありそうだったので、定期的に相談をすることを決めました。
それからは購入した物件を人に貸す手続きをして、家賃などについても相手と直接交渉をしていました。
ただそういう形で相手と交渉をするのは負担が大きく、仕事に支障が出ることも少なくありませんでした。
それで不動産の管理は業者に任せようと考えて、そのようなことが頼める業者と相談をすることにしました。
私が相談をしたのは3社ほどの業者で、それぞれ違う特徴を持ったプランを提供していました。
その違いを理解しながら私はサービスが一番良さそうだった業者を選び、不動産の管理を頼む契約をすることにしました。
そうやって管理の仕事を頼むと段々私のすることが減ってきて、不動産ビジネスをする以前のような形に変わってきました。